こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。
「スネイリーズ」オーナーのふくだです。


2007_1101_071450-KC390014

PCのアルバムを見ていたら、長男が年中さんの時のお弁当が出てきました。

ちょっと少ないかも…(^^;)

食べるのがゆっくりな長男。
そもそもの動きがゆっくりなこともありますが、原因の一つには「しっかり噛む習慣がついている」ということもあります。


長男がまだ赤ちゃんの頃、ダウン症持ちの傾向として、筋力が弱いことや歯列が乱れがちなことからよく噛まずに丸呑みする習慣がつきやすい、ということをSTの先生から伺いました。
その結果、たくさん食べて太りやすくもなるし、また、顎を十分に使わないため顎の発達が未熟なまま永久歯が出て、それが結果的に歯列の並びをさらに悪くする…そう、学びました。

そういった経緯で、離乳食の頃から丸飲みをせずにしっかりと噛む習慣をつけたいと考えていました。

将来「丸飲み習慣」が付くのを避けるために、噛める量と噛める物に気を配ったので、幼稚園のように集団生活で一定の時間内に食べる必要がある場合は、よく噛んで食べても時間内に食べ終わることを優先しました。

その結果が、写真のようにちょっと量は少なめのお弁当。
家に帰ってから多めのおやつで調整、って感じでした。

写真は年中さんになっておにぎりなら食いちぎれることを踏まえて、大きなおにぎり一つになっています。
年少さんの時は、押し型の棒状のおにぎりが多かったです。(サンプルがなくてごめんなさい)

お肉など粘度が高いと食いちぎる動作が苦手でしたので、から揚げなども大抵ひと口で口に入れられる大きさに調整していました。

今でも比較的よく噛む子に育ってくれて、その結果が割と聞き取りやすい言葉にもなっているのだと思います。
その分、食べる時間はゆっくりなままなのが難点ですがf^^;)

幼稚園でのお弁当のご参考になれば…。



Facebook ページはこちら↓
 http://www.facebook.com/SnailysTinyshop
Instagram はこちら↓
 
https://www.instagram.com/snailys.tinyshop/



↓↓↓ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。



ダウン症児育児 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村